Markup

つまみ堂

つまみを「作る」から、つまみを「活かす」へつまみ堂×クリエイター、デザイナー、企業のコラボレーションを紹介していきます。

TSUMAMI-DO collaboration

TOP

  • 01 ARTE DIVA
  • 02 一心堂 嶋野

01

一心堂嶋野 × つまみ堂

つまみ堂とデザイナーやクリエイター、また企業様との共働で"つまみのある暮らし"をコンセプトにこの春から新たに展開するTSUMAMI-DO collaboration(つまみ堂コラボレーション)。

第2回目は、スワロフスキーをメインにアクセサリーパーツの卸し・販売を行う老舗、(株)一心堂嶋野 代表取締役の嶋野浩詔さん

1 2 3

モノマチを通じて

高橋:

自分でやっている仕事は、「好き」であるということで重要ですね。好きだからいろいろ考える。つまみ堂を2年やってきて、お客さんのニーズに耳を傾けて、そのつながりで新しいモノが生み出されてきています。

嶋野:

うちはスワロフスキーというクリスタルガラスを扱っているんですが、他の業者さん、そして職人さんは「スワロフスキー」を知らない人が多かったですね。ですが、モノマチに参加して、色々な繋がりが出来て、スワロフスキーの話をすると、じゃあうちの職人に使わせてみようかな、こんな風に使えるかな、なんて話に繋がって、そこでコラボレーションが生まれました。先日も、江戸袋物に自分の家紋をスワロフスキーで入れてもらう特注を袋を作ったんですが、その発想から商品が生まれて、それが某アパレルブランドで売られるようになりました。モノマチって異業種の集まりじゃないですか。それが新しい素材の発見、発想を生み出してくれることもありますよね。

高橋:

今、革でつまみをやりたいんですよ。
いま革をコンマ1ミリで漉いてくれってお願いしています。問題は糊なんですが、浅原さん(浅原皮漉所)が考えてくれています。そのつながりも、モノマチに参加したおかげで出来ました。モノで人と人で繋がっていくんですよね。結果、商売で繋がっていけばいいですが、始まりのきっかけは、商いじゃなく、面白そうか、そこですよね。何しろ今、色々なコラボが始まっていて凄く面白くなりそうですよね。
モノマチのメンバーにも、これまでの我々の業界のメンバーにも知ってもらって、そして繋がる意味の需要性を感じてもらえたらと思ってます。

嶋野:

男性が付けても面白いつまみの展開も今後、見てみたいですよね。このつまみの花を付けてカフスにしたら面白いですよね。それを革で作ったらさらに面白いですよね。

高橋:

品質の安心とこれからの展開への興奮を、このコラボレーションで作り上げて行きたいと思います。

- 終 -

1 2 3