【外国人講師養成プログラム】

つまみ細工を世界に向けて発信するために、つまみ細工協会として、この10月より初の外国人講師を養成するためのプログラムを開始しました。
このプログラムの第1号に選ばれたのはベトナム人のPhuong (フン)さんです。

フンさんが、つまみ細工と出会ったのは今から3年前 (4年前?) のことです。当時、日本へ語学留学をしていたフンさんがつまみ堂でアルバイトをしたことがきっかけで、つまみ細工を好きになり、紆余曲折を経て2017年には再来日をし、つまみ細工の技術の勉強を始めました。

これがきっかけとなり今年3月にホーチミン市で開催された越日友好45周年記念イヴェントの際には、ベトナムの方達につまみ細工の楽しさ・美しさを伝えるための伝道師としての大役を果たすことになりました。

ベトナムにおけるアオザイの第1人者であるシー・ホアン氏とのコラボや、ホーチミン市婦人文化センターとの繋がりなど、彼女の働きかけで私達の目標である「つまみ細工をメジャーなカルチャーにする」ということが少しずつベトナムという国で実現されつつあります。

その後もベトナムに於いて、ワークショップを開催したり、子供達への体験イヴェントを行ったり積極的につまみ細工の普及に尽力してくれた活動を評価し、私達はフンさんを外国人第1号の認定講師として育成し、更には伝統技法の継承と世界に向けて発信する伝道師となってもらうべく、彼女のための教育プログラムを実行することにしました。

これを機に、国籍を問わず優秀な人材の育成にこのプログラムが有効になるよう最大限のバックアップをすることで、つまみ細工が更に世界に拡がって行くことを願っています。


*- 店舗で随時開催中!予約なしで、つまみ細工体験していただけます。 ▼詳細はこちら▼ -*